輸出・貿易業務

弊社での輸出業務について

わたしたち、谷川商会では、日本の良質な中古タイヤを世界に向けて輸出しております。

厳しいタイヤの検品を行い、良質なタイヤを提供しています。

☆主なタイヤの輸出先

ロシア・ドバイ・モンゴル・アフリカ

海外輸出までの様子

①北海道内でタイヤ仕入れ

(中古車ショップ、ディーラーガソリンスタンド、解体屋、運送会社などから)

③出荷先の確定

出荷先・出荷日が確定しましたら、

一本ずつコンテナに手作業で積み込み(約1000〜2000本)

②倉庫にて検品

(オンライン向け、輸出向け、スクラップなどに)

④出荷

扉を閉めて「いってらっしゃーい」

コンテナ船で輸出先に運ばれていきます。

輸出向けタイヤ、品質基準

 ロシア向け

・残溝70〜90% 4本セット、または2本セットのものになります。

・シワ・ヒビワレなどの劣化がないもの

・タイヤにパンク・バーストがないもの

☆ロシアの輸入規制が厳しいため、1本のタイヤ、溝の少ないタイヤは出荷出来ません。

 アフリカ・ドバイ・モンゴル向け

・残溝50%以上 4本セットではなくバラでもOK。

・ヒビワレがないもの

・タイヤにパンク・バーストがないもの

☆LT・TB(トラックタイヤ、JRVタイヤが特に人気があります。)